肥満治療で入院!?頑固な脂肪とおさらば

ダイエットフードを活用してストレスなく肥満治療

沢山の野菜とお皿とフォーク

ダイエットの失敗の原因は、ほとんどがストレスによるものです。

誰であっても、ダイエットを始めた頃は順調に痩せていきます。
今まで食べていた量を少なく抑えるのですから、今までよりも脂肪細胞が使われやすくなるからです。

しかし、この状態が続くと体は防衛反応を発揮し始めます。
現代でこそ飽食の時代でダイエットという言葉が広まっていますが、昔はいかに体に効率よく脂肪を溜め込めるかが生死を分けていました。
それが今ではいかに脂肪をつけさせないかというのが問題になっています。

脳に糖分が行かなくなると、ストレスにさらされます。
すると脳はエネルギーを補充しろという指令を出します。
これが食べたいという感覚となって、その本能に従ってしまうとダイエット失敗ということになります。

ここで気持ちを切り替えて「次の食事からまたダイエットしよう」と考えられれば良いのですが、やけになって暴飲暴食に走ってしまうとリバウンドしてダイエットする前よりも太ってしまったという悲惨な状態になります。

この脳のストレスを減らすには、ダイエットフードをうまく活用すると良いです。
今では肥満治療用のダイエットフードが専用に開発されていますが、特別なものでなくても、こんにゃくや豆腐などを活用すればヘルシーに満腹感を感じることが出来ます。
例えば、なるべくご飯の量を減らしたいのならばこんにゃくをちぎって入れたり、代わりに豆腐を食べると満腹感が感じられます。
こういった手頃なダイエットフードを活用できればストレスを少なくして肥満治療していけます。

肥満治療では、体以上に心のケアが重要です。
女性は特にホルモンバランスの変動が激しいので、生理周期にあったダイエットを心がけることが大切です。